食事 太る

意外と高カロリー!無意識な摂取に注意したい、脂が潜むメニュー3つ

あなたは、太りやすい食事というとどのようなメニューを思い浮かべますか?
お肉の脂身や天ぷら、唐揚げ、フライドポテトにポテトチップス、
ケーキなど…油脂類をたっぷり含むメニューでしょうか。

 

 

実際に、脂質は他の栄養素よりも高カロリーです。
余剰に摂取した分は贅肉としてついてしまうので、
同じ量を食べた場合、油脂類ををたくさん使った料理は
より太りやすいといえます。

 

 

ここで気を付けたいのが、お肉の脂身やケーキのように
いかにも「脂」という料理以外にも、無意識に摂ってしまいがちな、食事に潜む油です。

 

例をあげると、ラーメンのスープなどがそうです。
スープは液体なのであまり意識せずに飲んでしまう人もいるかもしれませんが、これには注意が必要です。
ラーメンの種類によっては、大量の脂質が入っている場合があります。
。ラーメンのスープは塩分も多いので、ラーメンをよく食べる方は要注意。
ラーメンのスープを日常的に飲み干すのはやめた方がいいでしょう。

 

他にも気を付けたいのは、マヨネーズやドレッシング。野菜サラダはヘルシーだからといってついつい油断しがちです。けれども、そこにマヨネーズやドレッシングをかけるとどうでしょうか。
マヨネーズやドレッシングの原料は主に油なので、たくさんかけると思いの外カロリーが高くなります。最近は、ノンオイルのドレッシングやカロリーオフのマヨネーズも出ていますので、ついかけ過ぎてしまう方にはおすすめです。

 

そして、あまり油のイメージがなくても油脂を多く含むメニューが、カレーです。
実は、カレールーの3〜4割は脂質が占めています。野菜も摂っているとはいえ、それ以上に脂質を多く摂っていることになります。
ワンディッシュメニューでついついたくさん食べてしまったり、連日カレーで済ませたりしがちなのも、気を付けたいところです。

 

このように、太りやすいというイメージがあまりなくても、脂質を多く含んでいるメニューはたくさんあります。これらを無意識に摂りすぎてしまうことで、太る原因になっているかもしれません。